ラジコンヘリ(ドローン)空撮事業 スカイサーベイシステム

ワイズシステムでは、ドローン空撮により、人的には困難な地形の撮影及び三次元解析、測量が可能です。

調査・測量業務、空中撮影業務

空中写真からあらゆる3Dデータを作成

ドローンによる調査測量

ドローン(UAV)に搭載したデジタルカメラで撮影した2枚以上の写真(画像データ)をもとに、地形の3次元位置座標(X,Y,Z)を出力し、3次元データを構築します。

空中撮影のメリット

  • 斜面崩壊、地すべり現場、危険箇所など、立ち入り困難な箇所でも空撮ならスピーディな状況把握が可能です。
  • 地上からでは把握できない地形の全貌をその場で確認できます。
    人の目線では見落としがちな部分も、空からとらえる事ができます。

3次元データ化のメリット

  • 3D地形モデルを作成することにより、机上であらゆる角度から地形の解析が行えます。
  • 任意の箇所の断面図を瞬時に出力することが可能。
  • 現地GNSS測量と併用することにより、3D地形モデル全体に公共座標を持たせる事ができます。

オートパイロットによる安全で確実な飛行

オートパイロット

ドローンの飛行は、GPS/IMU(空中直接定位システム)機能により制御されており、空中で高い安定性を保ちます。

空撮業務においては、事前にGoogleEarth上で飛行計画を作成し、現地でモニタリングしながら確実な飛行を行うことができます。

※万が一飛行中に送信機の接続が切れた場合も、マルチコプターは自立的に安定したホバリング飛行を維持しますので安全です。

3D地形モデルの作成

ドローンで撮影した複数の写真から、広域の3D地形モデルを作成します。

地形形状の把握

コンタ(等高線)出力デジタルオルソ

3次元データ化することにより、あらゆる角度から画像出力が可能です。
また、GNSS測量と併用することにより、地形モデル全体に公共座標を持たせることができます。

断面図の作成

3D地形モデルから断面図の作成

すべてのデータが3次元化されているため、三角網(TIN)または、等高線から、任意な部分の断面を作成することが可能です。
例えば、前況データと併せることにより、地すべり現場における流出土量の算出が可能。また、計画データと併せることにより、計画盛土・切土量の算出を行えます。

保有機種

 

 


 

 


 

空撮事例

※全画面表示にしていただくとFullHD画質でご覧いただけます。

横手城の空撮

出力可能なデータ形式

お使いのソフトウェアや納品仕様に合せて、さまざまな形式のデータ出力に対応しております。

テキストファイル CSV, SIMA 3次元データファイル LandXML,KMZ,STL
CADファイル SXF (P21,SFC) 画像ファイル BMP, TIFF, GeoTIFF, JPEG
点群データファイル XYZ (RGB)    

空撮業務に関するお問い合わせ

 

上へ戻る