i-Construction対応 UAV及び地上型3Dレーザースキャナーによる 地形の3次元モデル化を実現します

i-Construction ICTによる設計・維持管理

ICT活用による土木工事の生産性向上 i-Construction

UAVによる、3D地形モデルの作成及び測量

ドローン

ドローン(UAV)で複数の画像データをもとに、地形の三次元位置座標(X,Y,Z)を出力し、3次元データを構築します。

ドローンによる空撮事業について

※万が一飛行中に送信機の接続が切れた場合も、当社採用のドローンは自立的に安定したホバリング飛行を維持しますので安全です。

地上型3Dレーザースキャナー計測

3Dレーザースキャナー

点群データを高密度に取得することで、安全かつ精密に3次元データを作成。写真では判別できない細やかな形状を3Dデータ化して保存することが可能です。

レーザースキャナーの特徴

  • 高精度なデータ取得が可能
  • 詳細な情報を広範囲で取得できる
  • 現場作業の大幅削減(時間・人員・コスト)
  • 作業者の安全確保
3Dレーザースキャナー

3Dレーザースキャナは、測定物の手前に草木やフェンス等の障害物がある場合でも、リターンパルスを選択して計測することができます。

3次元データ(点群データ)の例

出力可能なデータ形式

お使いのソフトウェアや納品仕様に合せて、さまざまな形式のデータ出力に対応しております。

テキストファイル CSV, SIMA 3次元データファイル LandXML,KMZ,STL
CADファイル SXF (P21,SFC) 画像ファイル BMP, TIFF, GeoTIFF, JPEG
点群データファイル XYZ (RGB)    

3次元モデル化に関するお問い合わせ

 

上へ戻る